左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品ロス対策で世銀に535億投資-農林中金2019年9月20日

一覧へ

 農林中央金庫は9月19日、食品ロス・廃棄問題への対処を推進している世界銀行の債券に5億ドル(約535億円)を投資したと発表した。食品ロスの解決は温室効果ガスの排出削減にもつながり、気候変動対策にも通じる。農林中央金庫は、投資を通じて世界と日本の農林水産業の持続性に貢献できるとしている。

 FAO(国連食糧農業機関)によると食品ロスを起因とするCO2排出量は世界の総排出量の8%を占める。その量は各国別の総排出量と比較すると第5位の日本を上回る規模となっている。食品ロスは無駄な製造よるCO2排出を招いているともいえ、その抑制は気候変動対策にもなる。
 世界銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドは、開発途上国の貧困削減、開発支援のための教育、保健、インフラ、農業、環境など幅広いプロジェクトを支えるための資金となる。今回、農林中金の投資により、食品ロス問題の解決のために世銀が発行する債券としては世界最大額となる。
 農林中央金庫は環境・社会課題の解決を通じて日本の農林水産業の持続をめざすサステナブル経営を推進しており、今回の投資がそれに貢献するとともに、国際分散投資を通じた安定的な収益の確保につながるとしている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る