Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

有村架純LAが若者に生活習慣病のリスク訴え 第7弾CM放映開始 JA共済2020年7月13日

一覧へ

JA共済連は、女優の有村架純と浜辺美波が出演するテレビCMシリーズの第7弾として「若者の気持ち」篇を7月13日から全国で放映開始。前作に続き、有村と若手の注目俳優、萩原利久とのコンビで、特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」により、若いうちから生活習慣病に備える必要性を訴える。

「若者の気持ち」篇(15秒)

ライフアドバイザー(LA)役の有村とその妹役の浜辺の日常生活を描いたJA共済のテレビCMは、2019年春の公開以来、大きな反響を呼んでいる。新CMは、4月に提供を始めた生活習慣病に備える特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」をアピールする15秒と30秒の2作品。若いうちから生活習慣病に対する備えが必要であることを描いた。

新CM「若者の気持ち」篇は、有村と萩原のLAコンビがバスに乗って訪問先に向かう場面からスタート。バスの中で、若い世代に特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」を提案する方法を考える有村LAの心に、後輩LAの萩原が発した一言が火をつけてしまう。訪問先のレコード店には、有村より年下と思われる派手な服装の男性の姿。その雰囲気に有村LAは、一瞬ひるむが、自分自身の若者アピールを交え、"若い"という言葉を多用しながら「身近なリスクにそなエール」の保障を男性に提案する。その場に偶然にも居合わせた有村LAの妹、浜辺が姉の必死な様子を目の当たりにした時の「見ていられない...」という表情にも注目だ。


JA共済の新CM「若者の気持ち」篇(30秒)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る