Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

デジタルグリッドが3億円の資金調達 JA三井リースなど引受2020年8月6日

一覧へ

デジタルグリッド(株)は、WiL FundⅡ, L.P.、JA三井リース(株)、鹿島建設(株)などを引受先とする第三者割当増資により、7月末までに総額3億円の資金を調達。
4月から7月までの調達ラウンドにおいて、5月末までの7.5億円と今回の3億円を合わせた総額10.5億円の調達を実施した。

デジタルグリッドが3億円の資金調達

デジタルグリッドは、日本初の民間による自由な電力取引市場、「デジタルグリッド・プラットフォーム(DGP)」を運営している。

日本政府は再生可能エネルギーの主力電源化を掲げ、また企業もSDGsやRE100プロジェクトへの取り組み推進など、再生エネルギー電源の活用ニーズは高まっている。一方で、再生エネルギー電源は需給調整が困難など、電力システムの中で活用するためには多くの課題がある。

同社は、こうした再エネ電源に加え、多種多様な電源と電力需要をピアツーピア(P2P)で結び付ける、「電気の取引所」となる。今回の資金調達により同社は、「デジタルグリッド・プラットフォーム(DGP)」のさらなる利用拡大・推進を図り、非FITを中心とした再生可能エネルギーの取引量拡大に取り組む。

◎デジタルグリッドの主な特徴
(1)電力取引の専門資格やシステム投資なしで取引できる ⇒電力取引プレーヤーを増やせる
(2)電源識別を行う(例えば、再エネだけを選んで購入できる) ⇒再エネ活用を円滑化する
(3)需給調整等の煩雑な業務をAIなどで自動化 ⇒発電家は電気の効率的な売却、需要家は電力コスト削減が見込める

<デジタルグリッド・プラットフォームの概要>
・電力の需要家と発電家が、プラットフォームを通じて出会う
・需要家は再生可能エネルギーなど、電力を選択的に売買することが可能となる
・発電家は直接自社電源を需要家に販売することが可能となる。また、再エネを識別して販売することも可能

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る