FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

ららぽーと新施設に「スマートコインロッカー」設置 JA三井リースと連携 SPACER2020年8月7日

一覧へ

スマートフォンで開閉できる“スマートコインロッカー”を展開する(株)SPACERは、9月14日開業の愛知県中部エリア最大級のショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷」との連携を開始。7月に同社の株主となったJA三井リースの協力により、同施設への設置を実現した。

ららぽーと新施設に「スマートコインロッカー」設置

商業施設では、物理鍵のコインロッカーが98%以上を占める中、スマートコインロッカーとして大型商業施設導入されるのは初めて。特に隣接駅と商業施設の間にスマートコインロッカーを設置するニーズが高いことが分かっており、連携を機に駅や商業施設とのSPACER連携を加速させる。

同サービスは、商業施設内のコインロッカーの利用ニーズをコロナ禍の受け渡しにも対応させるもの。「コインロッカーも抗菌対応して欲しい」「家族間など荷物の受け渡しで待ち合わせしている時間に、どこかに預けておいて次の場所を見に行きたい」「現場に来たら預けたいときに限って空いていないので事前予約したい」という課題を解決するため誕生した。

将来的には「密にならないよう事前予約したものを非対面で受け渡しをしたい」などテナントの受け渡し連携ができるオープンロッカーをめざす。

JA三井リースは、中期経営計画「Real Change 2025」において、DX分野への取り組みを重点施策の一つに掲げ、次世代技術を有するスタートアップ企業への出資等によりアライアンスを強 化し事業を加速させる戦略を進める。今回はSPACERの提供するスマートコインロッカーの高い将来性と社会課題解決への貢献に着目し、出資を決めた。今後、JA三井リースは、SPACERへのファイナンスサポートにとどまらず、全国に拡がる顧客網を活用し、公共交通機関、商業施設、物流施設にスマートコインロッカーを配置するなど営業協力を行い、事業拡大に貢献していく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る