Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

J-REIT業界で初のサステナ・リンクローン契約-農林中央金庫2021年1月19日

一覧へ

農林中央金庫は1月18日、ジャパンリアルエステイト投資法人(以下、JRE)に対してサステナビリティ・リンク・ローン(以下、SLL)による金銭消費貸借契約を締結したと発表した。

JREは多くの投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設など複数の不動産を購入し、賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品を扱う上場不動産投資法人。こうした日本で組成された法人をJ-REITといい、今回のSLL契約締結は業界で初となる。

JREは環境への配慮、社会貢献、ガバナンスの強化など社会の持続可能性向上に取り組むことを社会的責務としており、JREの資産運用会社であるジャパンリアルエステイトアセットマネジメント(株)は、サステナビリティ方針を作成し、環境負荷軽減につながる保有ビルの設備改修やグリーンビル認証の取得などに取り組んでいる。

農林中央金庫は2019年からサステナブル経営をスタートさせ、JREのサステナビリティ理念に共感したことから、資金供給を通じて環境・社会課題のうち、重視している気候変動問題の解決に貢献すると評価して契約を締結した。

ローンは1月29日実行の融資期間10年6か月の50億円借換資金と同11年の50億円借換資金と手元資金。

SLLは借り手にCO2削減など環境目標達成を促進させる狙いがあり、このローンの締結にあたってJREはCO2排出量を2030年度に2013年度比で35%削減や年間エネルギーの収支ゼロ建築を認証するZEB認証ビルをを2030年に5棟取得することなどを目標にした。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る