左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
FMCプレバソンSP

「バリューレポート」発行 AI研究の松尾教授と奥理事長が対談 農林中金2021年8月3日

一覧へ

農林中央金庫は7月30日、主に非財務情報を紹介する「バリューレポート」を発行した。

「バリューレポート」同レポートは冒頭で、東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センター 技術経営戦略学専攻教授の松尾豊氏と同金庫の奥和登理事長の対談「変化が加速している今、変わることはとても楽しい。」を掲載。"分進秒歩" で進化するAI研究の第一人者で、教え子によるスタートアップ起業の促進・支援でも知られる松尾氏と奥理事長が、変化を進める楽しみ、日本の農・食の大きなチャンスについて語り合っている。

また、農林中金の価値創造モデルとサステナブル経営についてその資源と強みや事業内容と成果、社会に提供するSDGsにおける価値などについて図と表をまじえてわかりやすく紹介。さらに「私たちのひととなり」と題して1923年の発足以来98年間、日本の農林水産業を支えるという使命を時代の要請に応じて果たしながら、自らを変革してきたその変遷をたどっている。

農林中金は、JA(農協)、JF(漁協)、JForest(森組)という系統組織との協働を通じて、地域社会・生活者・国土にさまざまな「価値」を提供してきた。その価値を生み出すために手がける3つの事業として、食農バリューチェーンをささえ、つなぎ、ひろげる「食農ビジネス」、JAバンク・JFマリンバンクの一員として多様な金融機能を提供する「リテールビジネス」、国際分散投資による高度な運用で安定した収益を還元する「投資ビジネス」について事例をまじえながら紹介している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る