2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

経常利益23%減 2385億円 農林中央金庫決算2022年5月26日

一覧へ

農林中央金庫は5月25日、2021年度決算を発表した。有価証券の売却損がふくらみ、経常利益は前期比23%減の2385億円となった。

経常利益 2385億円 農林中金経常収益は前期比▲1165億円の1兆2423億円。経常費用は▲451億円の1兆37億円となった。

その結果、経常利益は▲714億円の2385億円で23%減となった。純利益は▲235億円の1846億円となった。

上半期を中心とした外貨調達費用の減少で資金調達費用は▲1164億円となった。

一方、年明けからの米国を中心とした金利上昇局面で債券など資産の入れ替えを実施したことから、有価証券の売却損が約1800億円となり、有価証券の評価損益は▲1兆6428億円の1兆410億円となった。

貸出金の状況は政府向け貸出金が2兆円増え、23兆円となった。

金融再生法で求められる開示債権は1024億円、開示債権比率は0.44%と残高、比率ともに低水準となっている。

資金調達は会員からの預金が6割を占め安定的に実施。

総資産は▲1兆5094億円の106兆1383億円、純資産は▲6608億円の7兆2946億円となった。

自己資本比率は普通出資等Tier1比率は▲1.99%の17.87%、総自己資本比率は▲1.96%の21.23%となった。

会見で奥和登理事長は米国でのインフレや中央銀行の利上げなど、金融情勢は「不透明化、不安定化」しているとの認識を示し「今後、データやマーケットの状況を見ながら慎重な財務運営をしていきたい」と述べた。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る