2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

行政からの照会を一本化 全国センターを新設 JAバンク2022年7月26日

一覧へ

JAバンク(JA・信連・農林中金)は7月25日、行政機関からの預貯金等照会・回答業務をデジタル化するとともに「JAバンク預貯金等照会センター」を新設し全国集約化を始めたと発表した。

JAバンクは、行政機関から年間約300万件にのぼる預貯金等の照会を受けている。その多くは郵送のため、全国のJA、信連では郵送で依頼を受け、端末操作で口座を確認し、回答書を作成するなど、手作業による多大な事務負担を抱えていた。

そのためJAバンクは、預貯金等の照会受付と回答業務をすべてデジタル化することをめざすことにした。

ただ、行政機関でもデジタル化サービスの導入が進むものの、当面の間は書面による照会も残り続けると予想されることから、行政機関から送付される照会受付から回答までの業務を外部委託のBPОサービスを活用し、全国センターで集約化を行うことで効率化を図る。

預貯金等照会業務のデジタル化は、NTTデータの「pipitLINQ」とSocioFutureの「DAIS」を導入し、JAバンクの預貯金等照会・回答業務に対応するために開発・構築した「公的照会自動回答システム」と接続し、自動回答を行う。

書面による照会業務の全国集約化は、キャノンマーケティングジャパンが提供する「公的照会BPО・ОCRサービス」と「公的照会自動回答システム」を活用することで、行政機関から郵送される調査依頼書の受付から回答書の作成と郵送までを一括して全国センターで対応する。行政機関等には業務のデジタル化と、書面照会には全国センターが対応することなどを周知していく。

JA、信連の照会、回答業務が削減されることになり、JAバンクは「JAバンクならではの金融仲介機能を発揮しサービスの向上に努めていく」としている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る