人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

JA共済で優秀な成績収めたLA314人と12チーム表彰 JA共済連が全国表彰式2023年7月13日

一覧へ

JA共済連は7月12日、令和4年度JA共済優績ライフアドバイザー(LA)全国表彰式を東京都内で開いた。コロナ禍が収まりつつあるとはいえ、活動の制約が続く中、JA共済の普及拡大に努めて優秀な成績を収めた314人と、新設されたチーム表彰では12チームが表彰された。

LA大会1 メーン+見出し画像.jpg450人余りが参加したJA共済優績ライフアドバイザー全国表彰式(東京都内で)

「LAの甲子園」ともいわれる全国表彰式は27回目で、450人余りが参加した。LAは、共済・金融などの専門的な知識を持ったコンサルタントとして、組合員・利用者のライフプランをサポートする「暮らしのアドバイザー」で、全国で約1万8000人が活動にあたっている。

表彰式でははじめに青江伯夫経営管理委員会会長が挨拶に立ち、「皆様方にご苦労いただいていることを承知しています。どうしたらJA共済が地域の皆さんをお守りになれるかを考えると、それはJA共済の原点にあり、すなわち組合員、利用者、そして地域の皆様の生命と財産を守り続けることにあります。もう1度原点に返りながら力を合わせていきましょう」と呼びかけた。

LA大会 青江会長.jpg

挨拶を述べる青江伯夫経営管理委員会会長

今回は140JAの314人が表彰されたほか、優績チーム表彰が新たに設けられ、7県の12チームが表彰された。「通算表彰」の受賞者は、5回が17人、10回が3人、15回が2人、20回が1人。特に優秀な成績を収めたLAが対象となる総合優績表彰は6人が受賞した。

表彰式では、各部門の代表者に青江会長から表彰状が手渡され、受賞者が感想などを述べた。通算表彰5回の北原幸恵さん(長野県・JAみなみ信州)は「母として何を優先すべきか悩んだ時期もありましたが、LA任命当時に小学2年だった娘を連れてこれてホッとしています。ご契約者とそのご家族が安心して暮らせるよう家族以上に寄り添う存在になりたいです」と述べた。
また、通算表彰20回を受賞した末永英紀さん(福島・JAふくしま未来)は、受賞のたびに喜んでくれた母と弟を交通事故で失った経験を語ったうえで、「何度もくじけそうになりましたが、心の中で生き続ける家族が応援してくれ、自分との気持ちの戦いにだけは絶対負けたくないと頑張ってきました」と声を振り絞るようにして語った。

総合優績表彰(共済専任以外)を受賞した飯田恒明さん(埼玉・JA越谷市)は「高い壁を越えてここに立てた喜びを感じています。原点に戻り先人が残してくれた財産をここにいる全員で次の世代につなげていけたら本当によいJA共済になっていくのでないかと思っています」と述べた。

決意表明では、若手で優績表彰を受賞した寺原巧麻さん(北海道・JA十勝清水町)が「まだ知識や経験も十分と言えない中、組合員・利用者のお役に立ちたい思いで日々活動を続けています。持ち前のフットワークの軽さを生かし、積極的な訪問活動で1人でも多くの方を笑顔にできるよう日々精進していきます」と力強く宣言した。

LA大会 西沢副会長.jpg

西沢耕一 経営管理委員会副会長

表彰式では最後に西沢耕一経営管理委員会副会長が閉会の挨拶に立ち、「JA共済を取り巻く環境は誠に厳しいですが、JA共済の原点に返って取り組むことが組合員の幸せにつながり、JAグループの発展につながります。受賞を励みに日々の取り組みをしっかりと継続し、全国のLAの模範となる取り組みを期待します」と言葉を送った。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る