左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
日本曹達 231012 SP

「第19回ライフプランニング活動交流集会」開催 コープ共済連2023年8月8日

一覧へ

コープ共済連は7月8日、くらしの保障やお金について組合員どうしで学び合う活動として、全国のライフプラン・アドバイザー(LPA)が交流や学習を行う「ライフプランニング活動交流集会」を開催した。

交流集会の様子交流集会の様子

コープ共済連では、全国の組合員が「健康づくり」「生きがいづくり」「くらしの資金づくり」という分野で人生設計について学び、本当に必要な保障を組合員自ら選択する力をつけるための手助けとして「ライフプランニング活動」を実施。この活動は1994年から始まり、2024年で30周年を迎える。

「LPA」は、コープ共済連が主催するLPA養成セミナーを修了し、お金やライフプランに関する専門知識を身につけた各地域生協の組合員や職員。養成セミナー修了者は5048人、全国で活躍するLPAは1755人(2022年度時点累計)におよび、主に講演会の企画や学習会の講師などの「ライフプランニング活動」を行なっている。

全国で活動するLPA同士の情報交換、学びの場として年一回開かれるライフプランニング活動交流集会に、今年はオンライン参加を含めハイブリット形式で開かれ、192人が参加した。

記念講演を行なったFPの小谷晴美氏記念講演を行なったFPの小谷晴美氏

記念講演では、LPAを経験後、FPとして活躍する小谷晴美氏を迎え、「組合員に喜ばれる学習会の作り方~人が集まる企画から広報まで~」と題して講演を実施。「誰が来てもいいセミナーは誰も来ない、ターゲットを明確化することで、本当に必要としている方の参加を得られる」というメッセージに参加者からは、今後のライフプランニング活動へ活かしていきたいとの声が聞かれた。

また、参加者交流の時間では、2024年度でコープ共済連がライフプランニング活動を始めて30周年を迎えるにあたり、「ライフプランニング活動30周年企画」をテーマに交流。実際に活動しているLPAの声を取り入れながら、来年の30周年に向けて取り組んでいく。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る