人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

「令和6年能登半島地震」農林漁業者等への特例措置を公表 日本公庫2024年1月29日

一覧へ

日本政策金融公庫(日本公庫)は、令和6年能登半島地震による災害により被害を受けた農林漁業者等を対象に、1月25日付で特例措置の取扱いを開始した。

日本公庫は、今回被害を受けた農林漁業者等へ以下の特例措置を実施する。

(1)融資限度額の引上げ
<対象資金>
①農林漁業セーフティネット資金
②農林漁業施設資金(災害復旧施設)

<具体的な措置内容>
①農林漁業セーフティネット資金
一般:別枠で600万円
特認(※):別枠で年間経営費等の12分の6
(※)簿記記帳を行っている場合に限り、経営規模等から融資限度額の引上げが必要と認められる場合に適用。
(参考)現行の取扱いは、600万円(特認年間経営費等の12分の6)

②農林漁業施設資金(災害復旧施設)
負担額の100%または1施設当たり1200万円のいずれか低い額
(参考)現行の取扱いは、負担額の80%または1施設当たり300万円(特認600万円)のいずれか低い額

(2)金利負担軽減措置
<対象資金>
①農林漁業セーフティネット資金
②農林漁業施設資金等

<具体的な措置内容>
【農業者及び漁業者】
公益財団法人農林水産長期金融協会が借入者に利子助成することで、融資当初5年間の実質無利子となる。
【林業者】
全国木材協同組合連合会が借入者に利子助成することで、融資当初10年間の実質無利子となる。

(3)実質無担保・無保証人措置
<対象資金>
①農林漁業セーフティネット資金
②農林漁業施設資金等

<具体的な措置内容>
実質無担保・無保証人(※)。
※担保は融資対象物件のみ、保証人は同一経営の範囲内のみに限る貸付け

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る