人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

パーパス、キャッチフレーズ、新たな中期経営計画を策定 近畿ろうきん2024年4月3日

一覧へ

近畿労働金庫(近畿ろうきん)は4月1日、設立25年の節目を機に「近畿ろうきんのパーパス(=社会的な存在意義)」を制定し、キャッチフレーズをリニューアル。また、2024年度からの3年間を計画期間とする第9次中期経営計画を策定し発表した。

新キャッチフレーズ新キャッチフレーズ

新たに制定した「近畿ろうきんのパーパス」では、社会における変化のスピードが急速化する時代だからこそ、同金庫の変わらぬ大切な価値観・役割をパーパスとして明文化し、理念と並ぶ最重要概念に位置付けた。「会員組合員一人ひとりから預金をお預かりし、そのお金を、働く仲間である組合員が必要なとき・困ったときに融資してサポートする」という、ろうきんならではの"助け合いによるお金の循環"を存在意義として掲げている。また、制定したパーパスを起点に、同金庫がめざす今後の方向性を端的にキャッチフレーズ「はららくみんなを全力応援!」を2024年度から使用する。

◎第9次中期経営計画
<計画期間>
2024年度~2026年度

<基本方針(コンセプト)>
「会員との深いつながり」を何よりも大切にし、「誰もがアクセスできる金融」をめざして挑戦します。

<重点的な取組み>
Ⅰ.生活応援運動の拡大 ~結びつきの強化~
①労働界・関係団体との連携の強化
②金融教育を通じた役割の発揮
③組合員・勤労者の課題解決
④共生社会への寄与

Ⅱ.金融DXへの挑戦 ~意識・行動の変革~
①取引・手続きのデジタル移行
②営業店・本部の事務レス促進
③コストミニマムと成果の還元

<恒常的な取組み>
①人材の確保・育成・活用
②コンプライアンス
③リスク管理
④ALM(資産負債総合管理)
⑤マネーローンダリングおよびテロ資金供与対策
⑥サイバーセキュリティ
⑦内部監査

<計数目標>
当期純利益:毎年度20億円以上

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る