米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.06.05 
東洋ライスの金芽米に自然治癒力向上成分一覧へ

 東洋ライス(株)は6月4日、野村コンファレンスプラザ日本橋で香川大学の稲川裕之准教授を講師に招き、セミナー「新しく発見された金芽米の驚くべき新機能」を開いた。

雑賀慶二・東洋ライス社長 金芽米は2005年に発表された無洗米だ。栄養価の高い胚芽の基底部や、美味しく栄養機能に優れた亜糊粉層を残し、糠層だけを丁寧に除去したコメだが、とぎ汁を排出しないので環境に負荷をかけず、食味も良く健康にも良いコメとして評価が高い。
 最近は、金芽米の美味しさと栄養機能が認められ、ANAのファーストクラス機内食や丸の内タニタ食堂、レストランや旅館をはじめ、各地の社員食堂、医療機関でも採用されている。
 稲川准教授は「金芽米の亜糊粉層には、優れた糖脂質(LPS)が多く含まれている。マクロファージ細胞は、体内の異物(死亡細胞や細菌、異物など)を貪食し排除する機能があり、免疫力や自然治癒力を向上させるが、そのマクロファージ細胞を活性化させるのが、糖脂質(LPS)だ」と述べた。
稲川裕之・香川大学准教授 続けて、亜糊粉層を露出含有している金芽米には、通常の精白米に比べ約5.9倍の糖脂質があり、マクロファージ細胞を活性化させること。脳組織のマクロファージは、アルツハイマーの原因であるアミロイドβを貪食除去すること。金芽米には生活習慣病、感染症、認知症、癌、アレルギーなどの疾患を予防し、治療する効果が期待されることなどを解説した。
 金芽米の開発者でもある雑賀慶二社長は「人間は本来きちんとした食べ物を摂らなければならない。金芽米は開発当初から、たんなる炭水化物ではなく、健康に良いコメだと思っていた。金芽米を食べ続けていると、その免疫効果の性か、口内炎も治り風邪もひかなくなった。医食同源というが、これからも食の分野で、人間の健康な暮らしのために貢献していきたい」とセミナーを締めくくった。

(写真)
上:雑賀慶二・東洋ライス社長
下:稲川裕之・香川大学准教授


(関連記事)

映画公開記念キャンペーン 東洋ライス、タニタ(2013.05.22)

東洋ライス発足 世界初の米関連総合メーカー(2013.03.13)

3月1日に新会社「東洋ライス株式会社」発足  東洋精米機・トーヨーライス(2013.02.20)

話題のタニタ食堂と金芽米がコラボ 「タニタ食堂の金芽米」など発売  トーヨーライス (2012.11.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ