米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.10.31 
大豆作付面積2%増加 農水省統計一覧へ

 農水省は10月28日、平成26年産大豆(乾燥子実)の作付面積をまとめた。

 大豆(乾燥子実)の作付面積は13万1500haで、他作物からの転換などにより、前年産より2700ha(2%)増加した。
 このうち、田は11万700haで前年産より1800ha(2%)増加。畑は2万800haで、前年産より900ha(5%)増加した。
 地域別にみて、作付面積が大きかったのは東北で3万2100ha(ほぼ前年産並み)、次いで北海道の2万8600ha(前年産より1800ha増加)、九州の2万1500ha(同1100ha増加)となっている。

平成26年産大豆の全国農業地域別作付面積割合

 

(関連記事)

国産大豆、高値続く 5月の入札結果(2014.06.03)

国産大豆、引き続き高値 4月の入札結果(2014.05.08)

【現場で役立つ農薬の基礎知識 2014】[5]大豆の病害虫・雑草防除のポイント(宮城県古川農業試験場)(2014.05.19)

国産大豆、引き続き高値 4月の入札結果(2014.05.08)

国産大豆、価格急騰 60kgあたり1万4013円(2014.04.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ