米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.07.28 
キロ1万1304円の高額米 ギネス世界記録に公式認定 東洋ライス一覧へ

 東洋ライス(株)(本社:東京都中央区、雑賀慶二社長)が、6月29日から7月3日までの5日間、同社の通販サイト(金芽米オンラインショップ)で、一般消費者向けに初めて販売した「世界最高米」が、最も高額なお米として、ギネス世界記録に認定された。

ギネス公式認定書を掲げる雑賀社長と世界最高米 東洋ライスは7月27日、東京ドームホテルで「最も高額なお米」ギネス世界記録公式認定証授与式を開催した。授与式にはギネス公式認定員、世界最高米の原料となった米の生産者らをはじめ、多くの報道関係者などが参加した。
 同社通販サイトでは、「世界最高米」140g(1合分)×6袋入りを1箱1万800円(消費税・送料込み)で販売し、5日間で30箱を完売した。
 一般消費者が実際に購入した、という事実にもとづき、ギネス世界記録に1kgあたり1万1304円(消費税・送料別、109USドル)の「最も高額なお米」として認定された。
 雑賀社長は冒頭の挨拶で「世界最高米」とはどのような米なのかについて「一言で言えば、美味しくてカラダに良いということ。それは米が元気であるということだ。米が元気かどうかは、酵素によって決まる。酵素が溌剌としているかで、米の価値が決まる。金芽米は一見白米だが、亜糊粉層が残っており、そこに酵素も残っている」と説明した。
 「世界最高米」とは最高品質の米を、最良の状態で保存する「熟成」工程で酵素を活かし、同社独自の最高レベルの「精米」「ブレンド」「無洗米」の各技術により、コメの食味と生命力を高め、超ハイクラスの「金芽米」に仕上げた商品だ。
 「世界最高米」の販売は、当初予定していた国内販売分をすでに完売したことから、海外販売予定分を急遽、国内販売に転用し、7月28日より300箱を数量限定で販売する。
 TPP参加により、安い外国米の輸入が増えると、日本の稲作は大打撃を受けることが懸念される中、農林水産省は5月に「農林水産業の輸出力強化戦略」を策定、コメの輸出拡大に向け、金芽米などの機能性成分を売りにした高付加価値商品の市場開拓方針を打ち出した。
 金芽米などの機能性米は国際競争力があり、世界の人々の健康維持にも貢献できるものと同社では考えている。シンガポール「JAPAN FOOD TOWN」での金芽米提供も始まっており、今後の動向が注目される。
(写真)ギネス公式認定書を掲げる雑賀社長と世界最高米

(東洋ライスの関連記事)
シンガポール「JAPAN FOOD TOWN」で 金芽米の提供開始 東洋ライス (16.07.26)

第55期増収増益決算発表 金芽米生産量は横這い 東洋ライス (16.06.14)

「熊本地震」支援に「金芽米」 東洋ライス (16.06.02)

国際放送番組「日本のコメ 世界への挑戦」150カ国で放映 東洋ライス (16.02.26)

ロス米ゼロを実現 「高性能石抜機」新登場 東洋ライス (16.02.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ