米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.02.19 
ロス米ゼロを実現 「高性能石抜機」新登場 東洋ライス一覧へ

 東洋ライス(株)(本社:東京都中央区、雑賀慶二社長)は2月18日、選別性能を一層高め、「ロス米ゼロ」を実現した新型「高性能石抜機」を発表した。

高性能石抜機DAE-7東洋ライス この新型石抜機の特長は、コンタミ対応機種であるのは当然だが、従来機より一層選別性能を高め、これまでは選別できなかった石まで、選別出来るようになったことだ。
 また、これまでのように、機内に溜まった石を機外に排出する際や、ロットを切り替える時のコンタミ対応時に、多量に発生する石米(石が混入したロス米)を、極めて少量に抑えられるので、製品歩留まりがかなり向上し、精米工場の利益アップにつながる。
 更に「石米レスオプション」(オプション機能)を搭載すると、それらのロス米がゼロになり、石のみがぽろぽろと排出されるので、一層のコストダウンを図ることが可能。
 具体的なコストメリットは、非コンタミ対応の従来機(同社AA-10型)と比較した場合、年間約316万円、またコンタミ対応機(同社DAA-10型)と比較した場合でも、年間約26万円のコストメリットが期待できる。
 また設置作業も、従来型の跡にそのまま設置できるように設計してあるので、更新工事も容易。
◎1年間当たりのコストメリット根拠
<前提条件>
▽年間ロット数を3000回とする。また従来機は5分間隔の自動石排出とする。
▽1ロット当たりの石米(ロス米)排出量を、従来機(AA-10型)4.21kg、コンタミ対応機(DAA-10型)0.345kg、新型機(石米レス仕様)は石米が発生しないので0kgとする。
▽製品米の価格は250円/kgとする。
○従来機(AA-10型)の場合:3000回×4.21kg=1万2630kgの石米(ロス米)が発生するので、1万2630kg×250円=約316万円の損失(新型機に替えた場合の利益)になる。
○コンタミ対応機(DAA-10型)の場合:3000回×0.345kg=1035kgの石米(ロス米)が発生するので、1035kg×250円=約26万円の損失(新型機に替えた場合の利益)となる。
 新型「高性能石抜機DAE-7」の価格は350万円、石米レスオプションの価格は100万円(共に税別)。
 この商品に関する問い合わせは、東洋ライス(株)企画広報部 TEL:073-471-3011まで。
(写真)高性能石抜機DAE-7

(関連記事)
「日本の米 世界への挑戦」NHKの海外向けチャンネルで放送 東洋ライス (16.02.04)

ギネス認定を目指し「世界最高米事業」開始 東洋ライス (16.01.22)

大リーガー青木宣親選手金芽米アンバサダー就任 東洋ライス (16.01.20)

レンジ用の「金芽ロウカット玄米ごはん」発表 東洋ライス (15.12.02)

日本ブライス京都工場で BG無洗米装置導入 日本ブライス・東洋ライス (15.11.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ