左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

第45回総代会開催 全国農協CE協2017年6月12日

一覧へ

 全国農協カントリーエレベーター協議会は6月8日、東京・大手町のJAビルにおいて、第45回総代会を開催、1号議案平成28年度事業報告及び収支決算、2号議案平成29年度事業計画及び収支予算を、原案通り承認した。

挨拶する御子柴茂樹会長 総代会の開催にあたり御子柴茂樹会長は「全国農協カントリーエレベーター協議会は、昭和49年に設立され、現在39道府県、262農協、753施設という大きな組織となっている。しかし施設の老朽化やオペレーター育成の問題等を抱えており、そうした現状を国・農水省に訴えていく。農水省も我々協議会にとって、元気が出るような施策を打ち出してもらいたい」と挨拶した。
 農水省穀物課 美保雄一郎課長補佐、(公財)農業倉庫基金 長瀬仁人理事長の来賓挨拶に続き、議長にJA会津よつばの長谷川正市代表理事専務を選任し、議事を進行した。
 報告事項としては、(1)米穀情勢について、(2)カントリーエレベーターに係る要請について、が報告・説明され、議事にかかる1号議案、2号議案とも原案通り承認された。
(写真)挨拶する御子柴茂樹会長

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る