左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

19年「世界最高米TM」一般向けに通販優先で限定販売 東洋ライス2019年7月24日

一覧へ

 東洋ライスは、2019年「世界最高米」の販売を7月下旬から始める。これまで一般顧客からの購入希望に十分応えられていなかったことから、今回は通信販売を優先し500セット限定で販売する。

 2019年「世界最高米」の原料玄米は、2018年11月に岐阜県高山市で開かれた「第20回食味分析鑑定コンクール国際大会」で金賞を受賞した玄米20品の中から同社独自の基準により厳選した7品を認定している。一般価格の約8倍となる1kgあたり1900円で買い受け、半年間の熟成期間を経た後、活性度の高いコメを選別し金芽米に加工した。
 日本のコメの評価を国際的に高めるとともに、コメ生産者に夢と希望を持ってもらうことを目的に始めた事業。同社は、コメに「美味」だけではなく、「コメの活性度(生命力)」と「それによる 人の健康への貢献」という新たな価値をアピールしている。
 第4回となる今年1月の認定式で食味鑑定士協会の鈴木秀行会長は、「本事業は若手生産者の目標となってきている。農業を取り巻く環境は年々厳しくなっているが、この取り組みによって世界の中で日本のコメの、確固たる地位を築くために我々も協力して行きたい」と期待を寄せた。
 また、11月に開催予定の「第21回米・食味分析鑑定コンクール国際大会」から「米の精」の栽培部門が新設される予定。「米の精」は、「BG無洗米」の加工時に生成される副産物で、とぎ汁の基となる「肌ヌカ」を回収し、有機質資材として商品化したもの。田畑に散布することで、土中の共生菌を増やす起爆剤となり、SDGsにも貢献する取り組みとして注目されている。
 2019年の「世界最高米」は、140g(1合分)×6袋入りで1万800円(消費税・送料込み)。
 一般の購入は、東洋ライス公式通信販売へ。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る