米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.09.10 
ノングルテン米粉認証第3号が誕生一覧へ

 日本米粉協会は、9月9日、グルテン含有量が1㎍/g(=1ppm)以下の米粉を認証する「ノングルテン(Non-Gluten)米粉認証」の第3号が誕生したと発表した。

ノングルテン米粉認証第3号が誕生 製品は、福岡県柳川市の中島製粉(株)の「国産米粉小袋製品」(300g)。

 ノングルテン米粉認証は、農林水産省が公表した「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」に基づく仕組み。ノングルテン米粉の第三者認証機関として登録されている(一社)日本環境保健機構が、申請書などの書類審査、当該製品のサンプル検査、さらにはコンタミネーション(混入)防止などの状況を調べる工場検査を行い、審査した結果、この製品のノングルテン認証が認められ、ロゴマークが付与された。
 同社は米粉、上新粉、もち粉、落雁粉や製菓材料を製造している。申請した動機は、米粉のいっそうの普及と、海外輸出を念頭におく業者への売り込みを図るバネにしたいということだという。
 元々小麦を扱っていないこと、原料米を長い取引で信用ある生産者から仕入れていること、ISO22000要求事項に沿った衛生管理を行っていることが、厳しい審査をパスした要因。今後、ノングルテン米粉認証ロゴマークを貼付した包材を作成、販売し、「アレルギー疾患の方々の力になりたい」としている。

(関連記事)
「ノングルテン米粉」使用加工品にロゴマーク 日本米粉協会(19.09.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ