想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生活クラブの新ブランド「共同開発米」デビュー2019年10月16日

一覧へ

 生活クラブ生協連合会(生活クラブ)は、同生協で扱う山形、栃木、長野、宮城の4つの産地のお米のブランド名を新たに「共同開発米」と名付け、品種、ロゴ、品名、パッケージをリニューアルし、10月28日から供給を開始する。

共同開発米のロゴ。消費者と生産者が共同開発したことを手を強くつないだグラフィックで表現 生活クラブの米の取り組みは、提携する米生産者と生活クラブ組合員(消費者)が、品種や農法を話し合って決めてきた。その結果、農薬や化学肥料を減らした米の開発や、水田を活用して飼料用米や加工食品原料の作付けによる自給率向上の取り組みなどを実現してきた。
 生活クラブは、これからも生産者と消費者が共に手を携えて産地の環境を守り、国内農業の振興を進めるとの思いを込めて、新しいブランド名を「共同開発米」とした。

(写真)共同開発米のロゴ。消費者と生産者が共同開発したことを手を強くつないだグラフィックで表現

 これに先立ち生活クラブ組合員を対象に実施した「米利用に関する意識調査」では、消費者がお米を買うときに重視するポイントは、価格に次いで、産地、品種、食味であることが分かった。そこで共同開発米の品名も「庄内」「那須」などの地名を品名に入れ、さらに「アルプス」「山麓」など各産地の風景が思い浮かぶ言葉も加えた。さらに、2品種のブレンド米をすべて単味に変更し、消費者がより産地や味を思い浮かべながら選択できるようにした。

那須山麓米生産者と稲刈り交流会那須山麓米生産者と稲刈り交流会

 製品情報の概要は次のとおり。
▽山形県産 庄内遊YOU米(「ひとめぼれ」。JA庄内みどり 遊佐町共同開発米部会)
▽長野県産 上伊那アルプス米(「コシヒカリ」。JA上伊那 減農薬栽培米生産部会)
▽栃木県産 那須山麓米(「なすひかり」。JAなすの どではら会)
▽宮城県産 みちのく加美米(「ささゆた香」または「まなむすめ」。JA加美よつば 加美清流米クラブ)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る