米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.11.07 
群馬県渋川で「多収米」フォーラム JAや渋川市が一覧へ

 木徳神糧(株)は、「多収米EXPO農業フォーラム in しぶかわ」を12月4日、群馬県渋川市で開催する。

 このフォーラムは、(一社)広域農業支援センター、JA北群渋川(きたぐんしぶかわ)、渋川市からなる、しぶかわ農業フォーラム実行委員会が主催し、木徳神糧などが協賛するもの。

 木徳神糧は、コメビジネスを軸に世界中の消費者にコメとコメ関連食品の素晴らしさを発信し、健康で楽しいライフスタイルの実現することを経営理念として、生産者に近づく体制作りの戦略の一つとして「多収穫品種の生産と販売の拡大」に取り組んできた。
 農業従事者の高齢化による深刻な担い手不足とともに、規模を拡大している農業経営者は、効率化と販路の確保という課題に直面している。
 こうした状況に、多収穫品種の作付は、コストパフォーマンスと用途に応じた適性を求める業務用向けに安定した販売が見込める。さらに作期分散によるピークカットと作業効率化、複数銘柄の作付によるリスク分散という、農業経営にとって様々なメリットがある。
 木徳神糧は、多収穫米の生産拡大が、生産者とユーザーをつなぐ米穀卸売業者として果たすべき重要な役割だと考えているという。
 なお、当日には食味・品質・収量を基準とした多収米コンテストも開催される。

 このフォーラムの概要は次のとおり。
▽名称:第1回多収米EXPO 農業フォーラム in しぶかわ
▽日時:12月4日(水)12時から
▽会場:渋川市伊香保体育館(群馬県渋川市伊香保町伊香保552−2)
 (関越自動車道「渋川伊香保IC」から約20分)
▽主催:しぶかわ農業フォーラム実行委員会
▽協賛:木徳神糧(株)、静岡製機(株)、(株)アイフォー炊飯総合研究所
▽協力:農研機構
▽当日のスケジュール:
○13時 開会式
○13時30分 良食味決勝大会(50点以上の出品から選出された5検体)
○14時 講演
「米穀流通事情と今後の見通し」木徳神糧(株)
「新品種と多収米品種栽培」農研機構
○15時30分 表彰式
○16時30分 閉会式

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ