想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中国・農業科学院と技術提携を拡大 サタケ2019年11月13日

一覧へ

 サタケ(広島県東広島市)は10月21日、中国・江蘇省と四川省の農業科学院との包括技術提携契約をそれぞれ締結した。

サタケ表彰サタケ表彰

左・江蘇省農業科学院の瀋副院長(左)とサタケの福森副代表。右・四川省農業科学院の任副院長(左)とサタケの福森副代表



 今回の包括技術提携契約の目的は、両省内で生産されるコメの中国国内市場におけるブランド競争力の強化。中国国内では黒竜江省、吉林省、遼寧省の東北3省で生産されるコメがブランド米として需要が高く、江蘇省と四川省で生産される米の販売拡大と収益増への大きな壁となっている。
 今後、長期に安定的な提携関係を築き、両省で生産されるコメのさらなる高品質化とブランド力の向上を実現するため、水稲品質に関する共同研究プロジェクトの展開や、新技術に関する人員交流・情報交換などで協力する。
 同社は2007年9月に国家糧食局(現・国家糧食和物資儲備局)と包括技術提携契約を締結してから継続して共同研究を行っている。中国の農業・食糧行政機関との包括技術提携契約は今回で5例目。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る