左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

事前契約数量 143万t-令和元年産米2020年2月12日

一覧へ

 農林水産省の取りまとめによると令和元年産米の事前契約数量は12月末時点で143万tで、増加傾向が続いてきたが30年産と横ばいの状況になっている。

 事前契約は、は種前・収穫前に数量や価格を契約するもので26年産の102万tから年々増えて30年産では143万tと集荷数量の50%を占めた。

 令和元年産は12月末で143万3000tとなっている。このうち複数年契約は85万4000t、単年契約が57万9000tとなっている。

 事前契約のうち価格を取り決めて契約した数量は51%で対前年▲1%となっている。価格取決数量は6月末時点では12%にとどまっていた。

 事前契約に取り組むのは令和元年産で35都府県。前年より取扱い数量を増やしたのは19道県、減らしたのが16県。また、価格取決比率には差があり、100%は岩手、群馬、愛知、兵庫、愛媛、高知の6県。価格取決比率が30年産より増えたのが18道県、減少したのが13府県(4県は変わらず)となっている。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る