左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中食・外食向けの米販売 38%-30/元年2020年3月13日

一覧へ

 農林水産省は中食・外食向けの米の販売割合は38%でほぼ前年並みだと公表した。

 同省は年間の玄米取扱い数量4000t以上の販売事業者の精米販売のうち、中食・外食向けに販売した数量について平成27/28年度分から調査を実施している。

 今回は平成30年7月から令和元年6月までの調査結果をとりまとめた。

 販売割合は38%とほぼ前年並みだった。産地別にみると福島、栃木、群馬、岡山の4県では6割を超えている。また、宮城、山口、熊本の3県では5割を超えている。

 中食・外食向けに販売された産地品種銘柄の価格帯は、30年産相対取引価格の全銘柄平均(1万5688円)以下の銘柄が78%を占めた。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る