左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「コメ供給量に不足なし」 都知事会見後の集中購入受け再度呼びかけ 全農パールライス2020年3月27日

一覧へ

 全農パールライスは3月27日、東京都知事が行った新型コロナウイルスに関する3月25日の緊急会見後、一部のスーパーなど店頭から精米商品が無くなるなどの状況を受け、「全体的な供給量に不足はなく、あわてずに購入してほしい」と改めて消費者に呼びかけている。

 同社によると、国の備蓄の仕組みや令和元年産(2019年産)米生産量と従来の消費量から推測し、年間供給量が不足するような状況にはないという。

 また、現時点で、同社の精米工場は通常通り操業しており、取引先へ商品供給が停止するような状況にはないとしている。

 3月25日の東京都知事の緊急会見後、一部地域では一時的に購入が集中し、精米商品が購入しにくい状況になっているが、物流が整い次第、消費者の手元に届けられるという。

 また、米をおいしく食べられる期間は、精米後1~2か月間であることから、大量購入による長期間保管は勧められないとし、購入後1か月程度で食べきる量を購入するよう呼びかけている。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る