左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米卸がおにぎり店 「神明」 東京・日本橋小網町で2020年4月8日

一覧へ

 大手の米卸「神明」が、おにぎりの店舗を東京で初めて、日本橋の小網町に出店した。米、水、炊き方にこだわったおにぎりで、4月1日の開店以来、昼食時には周辺のオフィスに勤めるサラリーマンやOLなどの行列ができている。

おいしいおにぎりを求めて。おいしいおにぎりを求めて。

 おにぎりの店は「米処 穂(みのり)」。「神明」の日本橋ビル別館1階にあり、周辺は古い江戸の街のたたずまいが残るものの、最近、新しいビルが増え、オフィス街化している。テイクアウトのほか、朝と昼にはおにぎりに味噌汁とおかずをつけた定食や弁当もそろえ、イートインもできる。店内では大きなディスプレイで米づくりを紹介し、日本の米をアピールする。

 店内には精米機が備えられており、玄米から精米した〝今ずり米〟を羽釜(はがま)で炊き、炊き立てご飯の握りたてを提供。水にもこだわり、殺菌せずに細菌、ウイルスを100%近く除去する浄水システム「シーガルフォー」を使用。羽釜での炊飯は、品種ごとに最もおいしく食べられる水や火加減を研究した。塩は兵庫県の淡路産、梅干しは和歌山県産の南高梅と具にもこだわった。ごま昆布、おかか、辛子高菜など20種類以上を予定している。さまざまな米を味わえるように、時々品種を変えて販売する。

 神明米穀販売事業本部デリカ総菜事業部の前山政博さんは「消費拡大のため、米のおいしさを東京・日本橋という日本の中心から発信したい。軌道に乗れば、生産者を招き、おにぎりを食べながら消費者と交流する機会もつくりたい」と、抱負を語る。

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る