想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

獺祭の酒米「山田錦」を販売 食べて生産者を応援 旭酒造2020年5月13日

一覧へ

人気の日本酒「獺祭」を製造・販売する旭酒造(山口県岩国市)は、需要が大きく落ち込んでいる原料米「山田錦」を「食べて」生産者を応援しようと、オンラインストアと全国の獺祭取扱店で販売を開始した。

獺祭の酒米山田錦獺祭の酒米山田錦

獺祭の酒造りに使われ、"酒米の王様"といわれる山田錦は、全国で57万5000俵(令和元年生産量推計)が栽培されている。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、山田錦の需要は大きく落ち込んでいることから、同社は、結果として耕作放棄や生産者の倒産が起きるのではないかと予測。そのため、酒、甘酒など、各酒蔵ができる限りの酒米の需要開発や、生産者を支えるための購入に取り組んでいるが限界がある。そこで同社は、お酒を飲むだけでなく、この機会に山田錦を「食べて」生産者を応援することを提案している。

今回販売する「獺祭の酒米山田錦」は、精米歩合90%。約1平方メートルの田んぼで採れる稲10~15本分に相当する450グラム(3合)が348円(税別)。獺祭WEB店または、全国の獺祭取扱店へ問い合わせを。
 

【獺祭WEB店】
 

◎山田錦の特徴
食用米と比べると粘りがなく、甘みも少ない半面、あっさり、パラっと仕上がる。炊く際には、ちょっと少なめの水で炊飯するのがおすすめ。
リゾットやチャーハンなどお米の粒感を残して調理すると本格的に仕上がる。また、お猪口一杯の獺祭を入れると、香りも良くなる。

山田錦を使ったリゾット山田錦を使ったリゾット


日本酒「獺祭」日本酒「獺祭」

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る