想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米の民間在庫量 前年比7万t増‐3月末2020年5月13日

一覧へ

農林水産省が5月12日に公表した「米に関するマンスリーレポート5月号」によると3月末の米の民間在庫量は前年同時期より7万t増となった。米価水準が下がるとの見方も業界にはあり動向を注視していく必要がありそうだ。

米に関するマンスリーレポート5月号


令和元年産の主食用米の生産量は726万tと前年産より▲7万tとなった。

これまでの販売動向をみると出来秋から年末にかけては前年を下回って推移していたが、年明けから前年並みとなった。ただし、新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう外出自粛要請で3月の中食・外食向けの販売数量は前年同月比80%と減少した。その一方で小売事業者向けは同124%と増加し、全体では108%となっている。

しかし、こうしたなかでも3月末の民間在庫数量は234万tと前年同月より7万と多い状況になっている。 米穀機構が毎月調査している米の取引関係者の3月の判断は、向こう3か月の需給動向は前月より▲5ポイントの39、米価水準についても同▲5ポイントの39と需給が緩和し米価が下がるとの見方が増えている。

相対取引価格は1万5749円/60kg(税込み)で平成30年産にくらべてプラス61円程度で大きな変動はない。ただし、米の先物取引では下落傾向(新潟コシは4月限で1万5550円)で推移していることや、業界のなかで米価が低くなるとの見方もあるため今後の動向に注視していく必要がある。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る