2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

売上高100億円で前年比97% 2022年3月期決算 東洋ライス2022年7月4日

一覧へ

東洋ライスは6月17日、定時株主総会で第61期(2022年3月期)の決算を報告。売上高は前年比97%の100億3800万円だった。

第61期の売上高は、前年比97%の100億3800万円。税引前当期純利益は13億5800万円(前年比69%)、当期純利益は8億7400万円(前年比66%)となった。同社全体の売上は今年も100億円を超えた。

61期目は、2021年11月に創業60周年を迎える節目の年となった。同社は、これまでBG無洗米による環境問題の解決や、金芽米・金芽ロウカット玄米・金芽米エキスなどによる健康増進と医療費削減をめざし、米にまつわるさまざまな分野で取り組みを推進。新たな社会問題を解決するため、60周年記念事業として、100億円の基金を用意し、三大SDGs事業を立ち上げた。

また、コメ販売事業では、金芽ロウカット玄米が玄米商品カテゴリーで4年連続売上1位を達成し、BG無洗米加工事業では、株式会社坂本(岡山県倉敷市)でのBG無洗米機を含む精米ラインが新設されるなど各事業で結果を残した。

一方、精米機器関連事業では、全般的に半導体など電子部品等の調達が思うように進まず、納期遅れ並びに機会損失による受注減などが影響して売上減少した。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る