Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

都府県の生乳生産コスト、1頭あたり89万円2013年7月5日

一覧へ

 一般社団法人Jミルクは7月1日、平成25年度の都府県の生乳生産コストの推計を公表した。

 円安の進行により、輸入飼料価格が高騰し、畜産・酪農経営には大きな打撃となっている。
 今回、Jミルクが行った推計は、酪農で生産費のほぼ半分を占める流通飼料費のみを直近の価格に置き換え、それ以外の費目については24年度と同水準とした。
 その結果、子牛などの副産物価格を差し引き、利子・地代などを加えた全参入生産費は、搾乳牛1頭あたり88万6000円となり、直近10年でもっとも高かった24年度を6.2%上回り過去最高となった。この数値は、平成16年度に比べて2割以上高く、22年度以来3年連続で前年度比増となった。
 このうち流通飼料費は43万2000円で、24年度に比べて13.7%増と大幅にあがっている。

stat1307050101.jpg


(関連記事)

「運動+牛乳」で熱中症対策 Jミルク(2013.06.28)

牛乳生産量0.2%増 5月の牛乳乳製品統計(2013.06.26)

牛乳×和食の減塩レシピ本 主婦の友社が発売(2013.06.21)

5月の販売乳量0.3%増 中央酪農会議(2013.06.18)

「牛乳ヒーロー&ヒロイン」募集 Jミルク(2013.06.04)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る