Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

優れた畜産経営8事例で発表会 中央畜産会2014年9月25日

一覧へ

 中央畜産会は11月14日、東京・千代田区の日比谷コンベンションホールで平成26年度全国優良畜産経営管理技術発表会を行う。

 この発表会は、優秀な実績を収めている経営や、負債からの改善など経営課題を解決した取り組みを広く紹介するため、毎年行っている。
 今回は、震災からの復興や、中山間地での低コスト経営など8事例が発表する。このうち最優秀賞4点、優秀賞4点を決め、表彰する。

 事例紹介を行うのは次の8件(敬称略)。

▽「東日本大震災からの復興、そして次の世代へ・・・」(有)渡辺ファーム(宮城・酪農)
▽「第三者継承による安定した酪農経営の継続」合同会社久井高原牧場(広島・酪農)
▽「飼養管理技術の確立と資源循環型畜産への取り組み」佐藤匠(秋田・肉用牛繁殖)
▽「中山間地域における手作り牛舎による低コスト肥育経営の実践」長與和則(長崎・肉用牛肥育)
▽「安全と安心を届ける新ブランド豚肉で町おこし―大利根の大地が育んだ豚「東の匠SPF豚」」東の匠SPF豚研究会(千葉・養豚)
▽「消費者ニーズを重視した種豚改良と、そこから派生した六次化への取り組み」(有)星種農場(栃木・養豚)
▽「昭和の庭先養豚から平成の6次産業化への道?親から受け継ぎ、子に引き継いだ養豚経営?」(有)松葉ビッグファーム(三重・養豚)
▽「養鶏事業の多様性を切り拓く!(人とたまごの未来づくり)」アルム(岡山・採卵鶏)
 発表会は14時から。申し込み・問い合わせは中央畜産会ホームページで。


(関連記事)

HACCP認証牧場、38に 中央畜産会(2014.08.19)

国際養鶏養豚総合展2015 来年6月名古屋で開催(2014.08.08)

3農場をHACCP認証農場に 中央畜産会(2014.08.04)

3都市で畜産環境技術の研修会(2014.07.17)

JAからつがHACCP推進農場に(2014.07.15)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る