肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2017.01.18 
ジビエ元年 家庭で作れるジビエ料理コンテスト 天池さんが農林水産大臣賞一覧へ

 国産ジビエ流通規格検討協議会は1月17日、東京都内で「第1回ジビエ料理コンテスト」の上位入賞者5人を発表した。飲食店などに従事するプロの料理人を対象としたコンテストで、160のレシピの応募があり、50が入賞した。

上入賞者5名、右から2番目が農林水産大臣賞を受賞した天池氏入賞者らの料理

 コンテストは「プロが教える、家庭で作れるジビエ料理」がテーマ。ジェイアール東日本フードビジネス(株)が経営するベックスコーヒーショップなど60店舗では、今年度ジビエを使った料理が2万食販売されるなど認知が広がっている。
 農林水産大臣賞に輝いたのは天池大造氏の猪肉で切り餅を包んで揚げた「猪舞(ししまい)ふりっと(猪肉のグージョネットフライ)」。天池氏はこれまで様々な料理の経験を積み、現在は創作料理を手掛けているという。レシピ作成に1か月ほどかけた。「レシピの構想が終わった後、家庭の調理器具や調味料でも作れるよう、落とし込むところに時間がかかった」と話した。
 他の受賞者も、ワインの勉強をしたり中華の技法と日本の調味料でアレンジしたり工夫を凝らした(各入賞者は文末)。
 コンテストは平成28年農林水産省「鳥獣利活用推進支援事業」の一環。礒崎陽輔農林水産副大臣は挨拶で「シカやイノシシなどを地域の資源ととらえ、ジビエとして活用する前向きな動きが全国でみられる。農水省としても、本年をジビエ元年としたい」と語った。
 主催の国産ジビエ流通規格検討協議会の藤木徳彦会長は、「ジビエが"ブーム"で終わらず、食文化として定着してほしい。次の目標は家庭での利活用。トレーサビリティなど小売への整理をしていきたい」と次の目標を語った。
 入賞した50のレシピはホームページで公開されるほか、レシピ集としてもまとめられる予定。
〇上位入賞者(敬称略)
最優秀賞シカ部門:更井亮介「鹿すじ肉の肉じゃがクロケット」
最優秀賞イノシシ部門:畑中亮一「イノシシ肉のカイエット」
優秀賞:磯村悠介「シシ巻き玉子(指蘇ノ儀)」
優秀賞:岡田三郎「鹿肉のにんにく辛味噌炒め 熱油仕立て」
(写真)入賞者5名、右から2番目が農林水産大臣賞を受賞した天池氏。入賞者らの料理

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ