肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2019.04.09 
NHK朝ドラ「なつぞら」で酪農解説 農水省畜産部がHPで一覧へ

 農林水産省がNHK連続テレビ小説「なつぞら」にちなみ公式サイトで酪農に関する解説コラム「今日の『なつぞら』畜産部解説」を始めた。中央官庁らしからぬ珍しい試みとして話題になっている。

 NHKの朝ドラ通算100作目の記念作品として注目されている「なつぞら」は、若手人気女優の広瀬すずがヒロイン。戦争により幼くして両親を亡くしたヒロインが、北海道・十勝の酪農家に引き取られ、やがて高校卒業後に上京し、アニメーターをめざす姿を描く。
 ヒロインの子ども時代が描かれた第1週(1~6日)は、酪農の仕事に取り組む姿が描かれた。
 コラムの第1回は、『「なつぞら」畜産部解説始めます』というタイトルで1日のドラマ開始と同時にスタート。
 2日は「牛乳はおいしい」、3日は「牛は何を食べるの?」、4日は「アイスクリームの歴史」、5日は「乳牛の基礎知識」という記事をアップした。
 サイト立ち上げの経緯について、同省生産局畜産部畜産企画課の木下雅由課長補佐は、「今度の朝ドラの舞台が十勝の酪農だという情報を得て、省内で検討した結果、ドラマとからめて酪農を知ってもらうよい機会だと判断しました。コラムを通して消費者の方に酪農を知ってもらえるように情報発信していきたい」と説明。1か月ほど前から準備を進めてきたという。
 4月1日のドラマ開始から5日までの連日、コラムは更新された。週末明けの8日は更新されなかったが、「その放送で酪農シーンや関連の話題があったときに随時情報を提供していきます」と木下課長補佐。コラムの執筆は今のところ畜産部の職員4~5人が持ち回りで、今後増える可能性もあるという。
 木下課長補佐は、「これまでに、酪農に日曜日の休みはないというシーンもありました。現場の仕事の大変さや畜産物がどうやってできあがるのかなど、一般の方にはあまり知られていない素朴な点も伝えていきたい」と話した。農水省の新たな試み。今後のコラムにも注目だ。

 

今日の「なつぞら」畜産部解説農水省の「今日の『なつぞら』畜産部解説」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ