左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

酪農乳業の国際比較研究会を開催 Jミルク2019年9月18日

一覧へ

 (一社)Jミルクは、平成26年度から毎年開催している「酪農乳業の国際比較研究会」を本年度も開催する。

 今回は、酪農乳業をめぐる国内外の環境が、今後大きく変化することが見通されるなかで、わが国の酪農乳業の持続可能な発展方向について検討する。こうした観点から、酪農生産の持続可能性を高めるための海外での取り組みについて、IFCN※の最新調査およびその分析結果、ならびに現在実施している持続的酪農に関する国際調査研究について報告する。
 さらに、それらの情報を基礎にわが国の課題について検討する。
 詳細なプログラムについては、確定次第、改めてJミルクのホームページで案内するという。

(※)IFCN(International Farm Comparison Network)とは、世界 91 か国の研究者の協力によって構成され、酪農乳業の国際比較研究などを行っている。


【2019年度酪農乳業の国際比較研究会の概要】

◆開催日時:2019年11月20日(水) 受付13時?

【研究会】
 13時30分?17時20分
▽講演1
 演題 牛乳の社会的価値?IFCNデーリー・カンファレンス2019(仮題)
 報告者 名古屋大学大学院 准教授 竹下広宣
▽講演2
 演題 持続可能な酪農生産をめぐるヨーロッパ酪農の取り組み(仮題) オランダとイギリスそれぞれの事例
 報告者 二か国それぞれの調査チーム
▽パネルディスカッション
 〇論点整理 福島大学農学群食農学類長 教授 生源寺眞一
 〇テーマ 「ヨーロッパ酪農の取り組みに何を学ぶのか(仮題)」
 〇モデレーター
  生源寺眞一(福島大学食農学類長 教授)
 〇パネリスト
  竹下広宣(名古屋大学大学院生命農業研究科准教授)
  岡田直樹(秋田県立大学生物資源科学部教授)
  丹戸靖(全国酪農業協同組合連合会総合企画室長)
  柴英里(高知大学大学院総合人間自然科学研究科准教授)

◆開催会場:TKPガーデンシティPREMIUM池袋(東京都豊島区南池袋1?16?15 ダイヤゲート池袋4階)
◆参加費:無料(交通費などは各自負担)
◆定員:150名
◆研究会の問合せ先:
 (一社)Jミルク 国際グループ 電話03?5577?7493

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る