Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

協同ファームが導入 残量可視化でBotアシストによる飼料発注を実現 システムフォレスト2021年5月19日

一覧へ

宮崎県川南町の協同ファームは、システムフォレスト(熊本県人吉市)のプラットフォーム「DEJIREN(デジレン)」を導入。飼料発注の効率化を目的にLINE WORKSのBot機能を活用した飼料発注の運用を開始した。

運用の概要運用の概要

肥育場のエサタンクは豚舎毎に設置されたサブタンクと各豚舎に餌を配送するメインタンク6本が設置されているが、飼料の発注は人がメインタンクの残量を確認し、飼料会社に発注連絡している。そこで、メインタンクの残量を可視化するために、新たに(株)イノセントが提供する超音波センサー「SiloMetric」を用いた飼料残量計測機器と、ウイングアーク1st(株)が提供するDEJIREN(デジレン)を用いたLINE WORKSでのデータ(システム)と人の連携で、最小限の判断で飼料の発注作業を最適化。大幅な導入コストの削減と現場作業の効率化を実現した。

これにより、頻繁に行なっていた従業員によるメインタンクの目検による残量確認が不要になった。また、これまでは経験と感によって残量を確認していたが、常に安定した残量を可視化。あらかじめ設定した飼料在庫量に達すると、LINE WORKSにメッセージが届き、簡単な質問にボタンで応えるだけで発注の有無を指示することができ、作業の簡素化を実現した。また、普段、従業員間で業務に使用しているLINE WORKSのチーム内トークルームにメッセージが届くため、日々の業務と透過的に連携した対応が可能となり、他の日常業務に専念することができるようになった。さらに、超音波式残量計測「SiloMetric」の採用で、機器や設置工事等の導入コストを削減。台風や地震、落雷等によるリスク軽減も見込める。

利用者からは「導入のハードルが高くない点が良かった」「大掛かりな工事の必要もなく、DEJIRENを導入することでLINE WORKSも日常的に利用しているLINEとほぼ同じ使用感なのが安心」「トークグループの中で複数人で確認しながらの受発注なので、安心して手軽にオーダー出来るようになった」という声があった。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る