JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

【食生活動向調査】麺、ヨーグルト、ご飯の利用増-Jミルク2021年8月30日

一覧へ

Jミルクは8月26日、「新型コロナウイルスの影響に関する食生活動向緊急調査」の結果を公表した。ワクチン接種の進捗によって牛乳・乳製品の消費動向がどんな方向に向かうかを探るため7月に実施した。15歳から60歳代の男女でインターネットによる5000サンプルを調査した。

感染拡大前(2020年4月以前)にくらべて、家族も含めて食べる機会が増えたという回答の上位3位は麺類(21.3%)、ヨーグルト類(20.8%)、ご飯・米料理(19.0%)だった。

また「現在、牛乳・乳製品を利用したいという気持ちはどのように変化しているか」を聞いたところ、「食べるヨーグルト」では「強くなってきている」(1)が6.7%、「やや強くなってきている」(2)が16.3%、「変化なし」(3)が72.8%、「弱くなってきている」(4)が2.0%だった。

「牛乳」では(1)が5.7%、(2)が12.4%、(3)が77.4%、(4)が2.8%だった。Jミルクによると今回の調査でも感染拡大後に利用増加率が高くなった順に利用意向の強まりが見られる結果だったという。

ワクチン接種の心理的な作用についても聞いた。
ワクチン接種をすることで「新型コロナウイルスにまつわる危険や不安、恐怖が和らぐと思うか」との問いに対して「とても思う」17.2%、「思う」57.2%、「あまり思わない」21.0%、「まったく思わない」4.7%だった。

一方、ワクチン接種することに「不安、怖いと思うか」との問いには「とても思う」14.3%、「思う」37.5%、「あまり思わない」37.4%、「まったく思わない」が10.8%だった。

また、牛乳類の飲用・利用頻度が高い人ほど、今後のワクチン接種意向の割合が高いという結果も示された。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る