左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

血液中のウイルス遺伝子を検出 核酸試料の簡易な前処理法を開発 農研機構×タカラバイオ2023年6月28日

一覧へ

農研機構とタカラバイオは、リアルタイムPCR法でのウイルス遺伝子検出において、短時間の熱処理と遠心操作のみで血液中のウイルスから核酸を迅速に抽出するとともに、PCR反応を阻害する成分の影響を簡単に除去できる、血液試料の簡易な前処理法を新たに開発した。

豚熱(CSF)は2018年に国内の養豚場で26年ぶりに発生してから、現在まで発生が続いており、野生イノシシでもCSFウイルス陽性の個体が継続して確認されている。一方、アフリカ豚熱(ASF)は国内での発生は認められていないが、日本や台湾を除くアジア各国で猛威を振るっていることから、その侵入には厳重な警戒が必要。CSFとASFは、別々のウイルスが原因の異なる病気でありながら、臨床症状が酷似するため、両疾病の鑑別にはそれぞれのウイルスの検出を目的にした遺伝子検査が必要となる。

今回、農研機構動物衛生研究部門とタカラバイオは共同で、これまでより簡易・迅速に血液等からリアルタイムPCR検査に適した核酸試料を調製する手法を新たに開発。すでにCSFとASFとを迅速、正確に識別して診断するための検査法や国内でのCSFの流行に伴い、豚や野生イノシシの免疫力を高めるために利用されるワクチンに含まれるウイルス株と野外で流行するウイルス株とを識別するための検査法を共同で開発した。

これらの検査法は、都道府県が行うCSFおよびASFの病性鑑定に利用されているが、リアルタイムPCR法でのウイルス検出に適さない血液や保存状態の良くない試料を用いなければならないことも多く、検査に供することのできる試料を調製する前処理に時間を要していた。

今回開発した手法を用いると、試料と試薬を混和した後、短時間の熱処理と低速での遠心分離操作をするだけで、試料を検査に適した状態にすることが可能になる。 この手法を、「CSFウイルス・ASFウイルス識別検査法」や野生イノシシにおける「CSFウイルス野外株・ワクチン株識別検査法」に適用すれば、両疾病の迅速な摘発や早期の防疫措置の発動に貢献すると期待される。

なお、同技術に適した前処理試薬は6月28日、タカラバイオから発売される。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る