人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

第14回ALL JAPANナチュラルチーズコンテスト 北海道・美瑛ファームが農林水産大臣賞 中央酪農会議2023年10月27日

一覧へ

(一社)中央酪農会議は10月26日に東京都内で第14回ALL JAPANナチュラルチーズコンテストを開いた。

(左から)美瑛ファーム、三良坂フロマージュ、丹波チーズ工房、CHEESESTAND(左から)美瑛ファーム、三良坂フロマージュ、丹波チーズ工房、CHEESESTAND

同コンテストは、国産ナチュラルチーズの製造技術の向上を図り、日本独自のナチュラルチーズ文化を作り需要拡大を図ることを目的に1997年から2年に1回開催されている。

今回は全国から109工房、248作品が出展され過去最高となった。

同日は1次、2次審査を経て選ばれた金賞9作品の最終審査が行われた。主催者としてあいさつした隈部洋中央酪農会議副会長は、最近では日本のナチュラルチーズが海外コンテストで多数上位入賞するなど高いレベルに到達してきたとして出展者らに向け、「将来にわたって競争していけるよう地域の特性や独自性を発揮し、より高いステージをめざした取り組んでいくことが重要」と呼びかけた。

最終審査で最優秀賞である農林水産大臣賞に選ばれたのは(株)美瑛ファーム美瑛放牧酪農場が製造した「フロマージュ・ド・美瑛」。夏の青草を飼料にしたミルクで作った6か月以上のハード熟成チーズ。

最終審査でこのチーズの特徴をプレゼンしたイタリア料理のシェフ、鈴木弥平さんは「審査会場に入ったとき大きさと黄色に引き寄せられた。試食するとときどきジャリジャリとチーズストーン(アミノ酸の粒)を感じた。世界に発信でき戦えるチーズ」と絶讃した。最終審査はプレゼンを聞いた後、9名の審査員が試食し点数札を上げる方式で行われたが、この作品は全員が満点の5点札、会場はどよめいた。

受賞した小熊章子さんは2000年から牛飼いとして同ファームで働き2016年から2年間、フランスでチーズ作りを学んだ。自社の生乳を使ったチーズづくりで生乳の質がチーズの質を決める。

受賞について「率直にうれしいです。牛を管理しているスタッフに感謝します」と話すとともに、飼料高騰で経営が厳しいなか、生乳の質は飼料が要だとして道内産の飼料に切り換えて生乳を生産している。「その分、より付加価値を付けていきたい。数年後には世界に挑戦できたら」と話した。

審査委員長の山本博紀北海道乳業(株)取締役製造部長は「レベルが高く甲乙つけがたかった。日本のチーズ工房は横のつながりが強く切磋琢磨して世界的レベルになってきた。向上心を忘れずにいいチーズをつくってほしい」と激励した。

会場では中央酪農会議が酪農アンバサダーに起用したアイドルグループ「高嶺のなでしこ」が新曲「いつか私がママになったら」を一般向けに披露するライブパフォーマンスも行った。会場では中央酪農会議が酪農アンバサダーに起用したアイドルグループ「高嶺のなでしこ」が
新曲「いつか私がママになったら」を一般向けに披露するライブパフォーマンスも行った。

その他の賞は以下のとおり。

【農畜産業振興機構理事長賞】
工房名:三良坂フロマージュ(広島県三次市)

作品名:「アカショウビン」(グラスフェッドのブラウンスイスの黄色い夏ミルクで作るソフトタイプのウォッシュチーズ)

【中央酪農会議会長賞】
工房名:丹波チーズ工房(兵庫県丹波市)
作品名:「丹波ブルー」(生乳の生産から一貫して取り組んだ深い味わいのブルーチーズ)

【審査員特別賞】
工房名:CHEESEDOМ(北海道久遠郡せたな町)
作品名:「瀬棚-SETANA」(ブラウンスイスとジャージーの生乳を使用。濃厚なクリームの香りの爽やかさが感じられる)

【ベスト・トライアル賞】
工房名:CHEESESTAND(東京都渋谷区)

作品名:「いちじくブッラータ」(ブッラータのなかにいちじくの葉で香りを生クリームに移したクリームとストラャチャテッラを加えた)。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る