JAの活動 ニュース詳細

2013.04.15 
長野県4JAの加工品をPR 都内で商談会一覧へ

 長野県信連は4月12日、東京・大手町のJAビルで「長野県JAバンク農産物商談会」を開いた。

商談風景より 同信連では平成23年から農商工連携への支援の一環で、農林中央金庫の顧客と同信連の取引先との個別のビジネスマッチングを行ってきた。
 今回の商談会はこの活動の延長。農林中央金庫の顧客である首都圏の観光、小売、流通などの企業に、加工品を中心にした県内JAの特産品を紹介し、販路の拡大を図る取り組みだ。
 同信連がこのような商談会を開くのは初めて。その上、都内での開催とあって、「参加した4JAは非常に熱意を持って取り組んでくれた」(秋山政人長野県信連農業部部長)。
 また、バイヤーとして参加した企業側も、事前に農林中央金庫が参加JAやその特産品などを案内した上で商談会に臨んできているため、「双方ともに非常に前向きに参加してくれているので、ぜひ成約に至ってほしい」(同)と期待した。
 この日、参加したJAと特産品の一例は、JAみなみ信州「市田柿」、JA塩尻市「100%ぶどうジュース」、JA中野市「えのき氷」、JA北信州みゆき「信州きのこごはんの素」、など。
 バイヤー企業は7社すべてが4JAと30分ずつの商談を行った。
 「加工品の一番の課題は販路。仮に今日、成約に至らなくても、JAとして首都圏の消費者のニーズを知ることで今後の開発に役立てたり、こうした交流から産地を直接紹介するきっかけをつかんだりと、今後の活動の展開にも期待したい」(同)として、この商談会の成功を願った。
 同信連では、今後もJAや県内生産法人などの販路拡大を支援していく考えで、こうした商談会のほか、年度内にはセミナーを開催する予定だ。

(写真)
商談風景より


(関連記事)

JA千葉信連、農林中金が7月に統合(2013.04.09)

食と地域のくらしに貢献 農林中金中期計画(2013.04.08)

JA貯金95兆円を目標 JAバンク中期戦略(2013.04.08)

JA貯金、残高90兆3000億円 農林中金(2013.04.01)

40年ぶりの新規支店 農林中金千葉支店がオープン(2013.02.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ