金融・共済 ニュース詳細

2013.04.08 
JA貯金95兆円を目標 JAバンク中期戦略一覧へ

 JAバンクは3月、25年度から3年間の「中期戦略」と「人材開発計画」を策定した。「JA貯金100兆円」の早期達成をめざすとして、次期3か年では95兆円達成を目標に掲げた。

◆規模拡大のニーズに対応

 JAバンクのめざす姿は▽「農業メインバンク機能」の一層の強化による農業への貢献▽地域や家計、くらしを支える生活金融サービスの提供による「選ばれ信頼されるJAバンク」の実現、としている。
 新たな中期戦略では、こうした事業の展開によりJA貯金100兆円を早期に達成することを明示し、そのステップとして「JA貯金95兆円」、「JAバンクローン10兆円」を目標に掲げた。
 農業メインバンク機能の強化では、信連や統合支店といった県域の「農業金融センター機能」を拡充しJAバンク一体となって農業者への農業金融情報や農業融資商品などのサービスの提供をはじめ▽JAバンク農業金融プランナーの資格保有者の増員による専門性の高いサービス提供▽アグリシードファンドによる農業法人への資本提供に加え「担い手経営体応援ファンド」(仮称)の新設による規模拡大ニーズへの対応▽他全国連と連携したサブファンドの立ち上げによる6次産業化促進、などを進める。

◆次世代への確実な資産継承

 生活金融サービスでは、地域に密着した「フェイス・トゥ・フェイス」のきめ細かいサービスでライフイベントに応じた提案を行っていく。具体的には住宅ローンをはじめとした各種のJAバンクローンの提供や、イベントや地域のコミュニティ活動を通じた年金受給者のくらしへの貢献と、相続相談による次世代への確実な資産承継を支援に力を入れる。
 また提携ATM網の拡大と手数料無料化の拡大検討や、インターネットバンキング機能の充実による「便利さ」の追求にも取り組む方針だ。
 人材育成では、率先して組織の変革に取り組み人材や、顧客から選ばれ人材の安定的・持続的な育成を図る。また、常に顧客の立場に立つという職員の意識改革も進める。


(関連記事)

「農業メインバンク」機能を一層強化  JAバンク(2013.02.18)

「農業メインバンク」として農業発展と地域貢献を誓う 第12回JAバンク全国大会(2013.02.15)

消費者の共感と感動を得よう JAバンク栃木が6次産業化でセミナー(2013.01.21)

職員自らが考え行動するプログラムの実践を、JAバンクCS改善プログラム  農林中央金庫(2012.10.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ