左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

IYC記念全国協議会を設立2013年5月10日

一覧へ

 JA全中など国内23の協同組合とその連合会は5月9日、東京・大手町のJAビルで「国際協同組合年記念協同組合全国協議会」(略称:IYC記念全国協議会)の設立総会を開いた。

代表に就任し、あいさつする萬歳会長 JA全中、JFグループ、日生協など国内の協同組合など21団体は、2012年の国際協同組合年を契機に、協同組合の価値や役割についての認知度を高めようと「2012国際協同組合年全国実行委員会」を設立した。
 同委員会は規約に従い3月22日に解散したが、この活動を継続させたいとの要望をうけて後継組織をつくることが決まっており、今回の協議会設立に至った。
 同協議会は委員会の活動目標などを引き継ぐとともに、協同組合の発展に向けた政府への働きかけ、学習交流会の開催、広報・情報発信などに取り組む。
 参加団体は委員会に参加した21団体に加えて、共栄火災海上保険(株)、ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパンの2団体、さらにこの日の総会で加入が承認された労働者福祉中央協議会の計3団体を加えた24団体(別掲)。このうち常任幹事団体として9団体が立候補し、選任された。
 協議会の代表には萬歳章・JA全中会長、副代表には浅田克己・日生協会長が選任された。
 萬歳会長は「(実行委は)協同組合間の連携を大きく発展させた。これをさらに進め、協同組合団体が一堂に会す場で、意見交換をしながら相互理解を深め、積極的に情報発信していきたい」、浅田会長は、「(国際協同組合年を契機に)協同組合同士の強い連携がつくられ、各地域でも連絡協議会の発足や活動の活性化が進んだ。新しい組織でこれをさらに発展させてたい」、とそれぞれ抱負を述べた。

(写真)
代表に就任し、あいさつする萬歳会長

 IYC記念全国協議会の参加団体と役員は次の通り(団体名の後ろに(※)がついている団体が、常任幹事団体)

【参加団体】(24団体)
▽JA全中(※)
▽JA全農(※)
▽JA共済連(※)
▽農林中央金庫(※)
▽(社)家の光協会
▽(株)日本農業新聞
▽日本生協連(※)
▽JF全漁連(※)
▽全森連
▽全労済(※)
▽日本労協連(※)
▽全国大学生協
▽(社)全国労働金庫協会
▽全国中小企業団体中央会
▽生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(※)
▽JA厚生連
▽(株)農協観光
▽医療福祉生協連
▽(社)全国信用金庫協会
▽共栄火災海上(株)
▽ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパン
▽労働者福祉中央協議会

【役員】(敬称略)
▽代表 萬歳章(JA全中会長)
▽副代表 浅田克己(日本生協連会長)
▽幹事長 谷口肇(JA全中常務理事)
▽副幹事長 青竹豊(日本生協連執行役員渉外広報本部本部長)
▽監事 河地尚之(家の光協会総務本部副本部長兼総務企画部長)
▽監事 江本淳(日本医療福祉生協連会員支援部広報・渉外担当)
▽事務局長 比嘉政治(JA全中総務企画部長)
▽事務局次長 天野晴元(日本生協連渉外広報本部国際部部長)
▽事務局次長 一箭拓朗(JA全中総務企画部国際協力課審査役) 

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る