JAの活動 ニュース詳細

2014.03.11 
「JAしまね」誕生へ 合併予備契約を締結一覧へ

27年3月誕生めざし

 「1県1JA」をめざす島根県JAグループ統合推進協議会は3月9日、松江市玉湯町のホテル玉泉で合併予備契約調印式を行った。県内11JAの組合長のほか、契約立合人の県や市長会、町村会の関係者など約130人が出席した。3月23日に全JA一斉に合併臨時総代会を開き、その承認を得て平成27年3月1日、「島根県農業協同組合」誕生をめざす。

平成27年3月の「1県1JA」をめざし予備契約調印式に臨む萬代会長(中央)と11JA組合長ら

 合併予備契約調印式であいさつした萬代宜雄会長は、「将来にわたって島根の農業・農村を守り、さらなる活性化と組合員へのサービス向上、そして地域社会に貢献できるJAを作り上げ、後の世代から『先輩たちがよい決断をしてくれた』と言ってもらえるようにすることが、今の我々に与えられた使命だ」と、合併に向けた決意を述べた。
 島根県JAグループの「1県1JA」構想は平成17年の県農協系統組織整備委員会の答申から始まる。背景には人口の減少や少子高齢化、農家・耕作地の減少など、将来的に農業・地域・JAの基盤を揺るがしかねない状況がある。このため、体力のあるうちに県内JAグループの人材や資金・施設などの経営資源を集中し、高度・効率的運用によって経営基盤の充実・強化を図ろうというもの。
 27年3月1日合併(当日が日曜日のため登記は3月2日)で誕生する新農協は名称「島根県農業協同組合」(愛称「JAしまね」)で松江市に本店を置き、各農協単位に地区本部を配し地区本部別に損益管理する。理事(定員)は60人以上67人以下。総代は1000人。なお、「JAしまね」が誕生すると「1県1JA」は、奈良、香川、沖縄県に次いで全国で4番目になる。

(写真)
平成27年3月の「1県1JA」をめざし予備契約調印式に臨む萬代会長(中央)と11JA組合長ら


(関連記事)

【しまね協同のつばさ】中国研修で連帯感強める(2014.02.10)

【インタビュー】JAおきなわ代表理事理事長・砂川博紀氏に聞く(2013.11.12)

1JA構想に向け研究  JAグループ高知(2012.11.29)

【人づくり・組織づくり・地域づくり】 人づくり最前線―JA島根ユースカレッジ  次代へつなぐ協同を創る人材を育成(2012.10.04)

【新中央会会長に聞く】全国の模範になる1JA構想を実現  萬代宣雄氏(JA島根中央会)(2010.08.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ