JAの活動 ニュース詳細

2014.04.02 
「いつも現場を大事に」萬歳会長が訓話一覧へ

JAグループ新入職員研修会 13団体510人が参加

 JAグループ全国連は4月1日、東京・丸の内の東商ホールで平成26年度の新規採用職員研修会「協同組合の力で農業と地域を豊かに」を開いた。13団体510人が参加した。

新入職員らに歓迎の言葉をかける萬歳会長 この研修会は、JAグループ全国連の新職員に農業や協同組合、そしてJAグループの役割などについて理解を深めてもらおうと合同で行っているもの。
 JA全中の萬歳章会長は、訓話で協同組合の歴史や意義、相互扶助の大切さなどを解説しながら、「全国で699の総合JAがあり、21万人の職員が日々組合員のためにがんばっている。農協は総合事業として、地域のライフラインを担わなければならない。みなさんも、協同組合の理念と助け合いの輪を広げるため、いつでも現場主義で仕事をしてほしい」と、新入職員らの活躍に期待した。
 このほか、現場からのメッセージとしてJAいわて花巻の高橋専太郎組合長が「“結い”の心で愛・農・土 組合運営を教育文化活動があとおし」をテーマに講演。また、作家でJA経営マスターコース塾長の童門冬二氏が「おカユではなく、おニギリになろう」をテーマに記念講演を行った。

(写真)
新入職員らに歓迎の言葉をかける萬歳会長

 

 

JA綱領を唱和する新入職員ら 研修会に参加した団体と人数は次の通り。
▽JA全中 4人
▽JA全農 203人
▽JA共済連全国本部 24人
▽農林中央金庫 165人
▽JA全厚連 1人
▽文化厚生連 2人
▽家の光協会 4人
▽(株)農協観光 59人
▽共栄火災海上保険(株) 33人
▽(株)日本農業新聞 10人
▽(株)JA設計 1人
▽(株)農林中金総合研究所 3人
▽アジア農協振興機関 1人
(計510人)

 

(写真)
JA綱領を唱和する新入職員ら


(関連記事)

総合JA数700下回る JA合併(2014.04.01)

「JA全農世界卓球」に120組240名の都民招待(2014.04.01)

地域に密着した「面の推進活動」展開 JA共済連(2014.03.31)

小金井研修所を小平市に寄附 農林中央金庫(2014.03.28)

人・組織・地域の元気づくりを 家の光大会(2014.02.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ