JAの活動 ニュース詳細

2014.05.09 
6月28日、農業・農協改革テーマに研究会一覧へ

農業協同組合研究会が10回目の研究大会

 農業協同組合研究会(梶井功会長)は6月28日、東京・日本橋で第10回研究大会を開催する。

6月28日、農業・農協改革テーマに研究会 同研究会は、新しい農協像確立をめざし、全国のJA・連合会などの役職員やOB、研究者が集まって設立された。今年で設立10周年を迎える。
 10回目となる今回の大会テーマは、「財界主導の農業・農協改革を問う」。政府は、産業競争力会議で企業による農業参入のための要件緩和を、規制改革会議では農協改革を提言するなど、農業・農協改革をすすめようとしている。今大会では、こうした情勢に対し、JA全中の冨士重夫専務が「農協改革とJAグループの取り組み具体策」、東大の鈴木宜弘教授が「TPP、規制改革、農業・農協改革の正体」をテーマにそれぞれ報告を行い、生産者や現場の不安解消をめざすとともに、改革のあり方について検討する。

【イベント概要】
○日時:6月28日(土)13:30〜17:00
○会場:日本橋公会堂 2階(東京都中央区)
○参加費:会員無料(非会員は資料代500円)、大会後の懇親会は別途費用
○申し込み・問い合わせは農業協同組合研究会(事務局・農協協会内(TEL:03-3639-1121)まで。

※上のチラシをクリックすると、A4サイズのPDFファイルにリンクします。


(関連記事)

米政策で研究会 「政策決定に現場の声を」(2014.03.11)

農協事業の新機軸を探る 農協研究会が現地研(2013.11.18)

孫崎享氏「TPP参加に歯止めを」 農協研究会(2013.06.10)

「自民党農政を問う」テーマに第19回農協研究会(2013.03.11)

支店拠点化はどう進めるべきか 農業協同組合研究会(2012.12.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ