Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

王貞治氏が全農訪問2015年1月15日

一覧へ

 王貞治氏(福岡ソフトバンクホークス取締役会長)が1月14日、JA全農役員らを表敬訪問した。

全農の中野吉實会長、岡本健治副会長、長澤豊副会長らと懇談した王氏 王氏は世界の子どもたちに野球の素晴らしさを伝え、友情の輪を広げようと平成4年に世界少年野球推進財団(WCBF)を設立。JA全農はこの活動を支援し、5年からは、プロ野球OBらが講師を務めるJA全農WCBF少年野球教室を全国各地で毎年開催している。
 この少年野球教室は昨年で22年目を迎え、通算開催回数も109回を数えた。王氏は、「JA全農の長年の支援」に感謝するとともに、「指導した子どもたちは現在、野球界の各方面で活躍している方も多いだろうし、開始当初の子どもたちの中には指導者になっている方もいる。JA全農とともに、今後も野球界の発展、子どもたちの夢や健全な成長のためにこの活動を進めていきたい」として、これからも全農とともにWCBFの活動を精力的に続けていきたいと述べた。
 JA全農WCBF少年野球教室は、26年度は全国6カ所で開催し、約1000人の小中学生選手を指導したほか、約200人の保護者が併催の栄養学教室を受講した。27年度も全国6カ所での開催を予定している。

(写真)
全農の中野吉實会長(中央)、岡本健治副会長(中央左)、長澤豊副会長(右から2人目)らと懇談した王氏(右から3人目)。


(関連記事)

組合員の負託、消費者の期待に応える 全農 (15.01.07)

「新鮮で安全な農産物の供給を」 JAへの期待 (15.01.06)

農協改革、一致団結で乗り切ろう! 萬歳会長 (15.01.05)

【2015 年頭所感】 JAグループ全国機関 (15.01.01)

万全な畜産物価格決定を要請 27年度畜酪対策 (14.12.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る