Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

組合員の負託、消費者の期待に応える 全農2015年1月7日

一覧へ

JA全農賀詞交歓会

 JA全農は1月6日に東京・大手町で平成27年賀詞交歓会を開催した。

あいさつする中野会長 今年の賀詞交歓会には、約650名が参集した。
 中野吉實経営管理委員会会長は冒頭のあいさつで、26年2月の関東甲信地区の大雪に始まり、8月の広島北部での土砂災害、大型台風襲来や西日本での日照不足、御嶽山噴火と長野県北部地震など自然災害が多発し、多くの人命が失われ、生活被害だけではなく農業にも甚大な被害を受けた1年であったと26年を振り返った。
 そして、「農協改革」についてふれ、政府改革案のポイントを、
1)農業を成長産業に、
2)そのためには単位農協が自由闊達に事業運営をすることが重要であり、今後必要な措置を考える、
3)その自由闊達な活動を押さえている組織の機能を見直す、
4)補完すべき役割の組織がより機能発揮できるようにする
と要約したうえで、「中央会の機能の見直しは3)から、全農の株式会社化は4)から導き出されたものだと考える」と語った。
 そして、11月初旬に公表されたJA全中の「自己改革案」は、衆議院解散・総選挙のため、政府・自民党との調整は「これから」となっているのが実態であるにもかかわらず、1月4日付「日本経済新聞」の報道のように全国紙などが世論をリードしようとしていると批判。まだ、この問題について論評する時期ではないとした。
 そのうえで「全農としては事業連として、皆様方のご協力を得ながら、日々、組合員の必要とされる生産資材、生活資材を調達し、供給をし続ける大きな責任があり、一歩でも立ち止まるわけにはまいらない」。さらに27年度は中期3か年計画の最終年度でもあり、産地づくり・販売力の強化・海外事業強化の「3大目標の達成に向けた取組みをさらに加速化し、農家組合員の負託に応えるとともに、消費者に安全・安心な国産農畜産物を届けるように取り組んでいく」。
 そして「われわれは常に、体を張って、命をかけて、自らの事業の推進にあたってまいりたい、と考えている」とあいさつを締めくくった。

(写真)
あいさつする中野会長


(関連記事)

「新鮮で安全な農産物の供給を」 JAへの期待 (15.01.06)

農協改革、一致団結で乗り切ろう! 萬歳会長 (15.01.05)

【2015 年頭所感】 JAグループ全国機関 (15.01.01)

万全な畜産物価格決定を要請 27年度畜酪対策 (14.12.26)

プラント施工管理担当者19名を初認証 JA全農 (14.12.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る