JAの活動 ニュース詳細

2014.12.26 
プラント施工管理担当者19名を初認証 JA全農一覧へ

 JA全農は「プラント施工管理担当者」にかかわる試験を26年度から実施しているが、12月19日に1級認証11名、2級認証19名を認証した。

 カントリーエレベーターや選果場など農協の共同利用施設には、高度化、小ロット化される販売先ニーズ、均質で一定量の農畜産物需要、収穫作業の機械化、生産者の高齢化、生産法人の増加など生産構造の変化への対応が求められている。
 JA全農は、こうしたニーズに対応する新しい知見を持つとともに、法や制度にも明るい施工管理担当者の育成と技術向上をはかることを目的に「プラント施工管理担当者認証制度」を26年度から実施することにした。
 そして、12月19日に
▽一級認証プラント施工管理担当者(米麦施設) 7人
▽一級認証プラント施工管理担当者(共選施設) 4人
▽二級認証プラント施工管理担当者 19人
を初認証した(氏名は本文下)。

◇    ◇

 「プラント施工管理担当者認証制度」とは、次のような内容となっている。
 「施工管理担当者」とは、JA等の施主が農業共同利用施設を建設する際に、施設建設計画の作成、資金調達にかかわる手続き、施設の規模決定、設計、施工業者選定、工程管理を支援する。
 「プラント施工管理担当者認証制度」は、特に建物に格納され、建物と一体となって機能する機械設備(プラント)を中心に対応する「施工管理担当者」が一定の経験と技能を有していることを第三者からなる委員会の審査により客観的に認証するもの。
 認証する称号とその内容は、
▽一級認証プラント施工管理担当者
 「自ら業務を行う他、自己研さんに努め、後継者を育成する者」で、原則として10年以上の経験およびプラント施工管理業務に関連する2以上の公的な資格を持っている者。
▽二級認証プラント施工管理担当者
 「最低限の知識を持ち、上級認証者の指導を受けて業務を行い自らの技能向上に努める者」で1年以上の経験を有する者。

【合格者一覧】(敬称略)
○一級(米麦施設)
▽大道智昭・JAあいち経済連
▽緒方英郎・JAさが
▽今野武・JA全農
▽佐藤勝・JA全農
▽鈴木誠・JA全農
▽武藤正明・JA全農
▽和田聡一・JA全農
○一級(共選施設)
▽中谷紘志・JA全農
▽堀野英二・JA全農
▽加藤元義・JA全農えひめ
▽石川智之・JA全農ふくれん
○二級
▽斉藤大将・ホクレン
▽林貢也・ホクレン
▽塚本進・JAあいち経済連
▽迫間裕文・JA和歌山県農
▽平田龍朗・JAさが
▽田上義昭・JA熊本経済連
▽西山愛朗・JA熊本経済連
▽奥平淳・JAおきなわ
▽胡子遼平・JA全農
▽三浦友一・JA全農
▽三木康浩・JA全農
▽石川博健・JA全農みやぎ
▽佐藤広志・JA全農とちぎ
▽星野谷輝美・JA全農とちぎ
▽北本達也・JA全農いしかわ
▽藤原貴志・JA全農おかやま
▽松原洋文・JA全農おかやま
▽安岡努・JA全農おかやま
▽重信智祥・JA全農えひめ


(関連記事)

JA全農 NHK歳末たすけあいに売上金寄付 (14.12.25)

配合飼料価格2500円値上げ JA全農(2014.12.22)

JA全農 TACパワーアップ大会2014開催(2014.12.08)

JA全農が畜産技術シンポジウム2014開催(2014.12.08)

長野産キノコとサッポロビールがタイアップ(2014.12.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ