左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

万全な畜産物価格決定を要請 27年度畜酪対策2014年12月26日

一覧へ

 JA全中は27年度畜産・酪農対策の関する重点要請事項を決め、12月26日には飛田稔章JA全中副会長らが農林水産省を訪ね中川郁子農林水産大臣政務官に万全の政策価格の決定などを要請した。

27年度畜・酪対策を要請した(左から)森永委員長、飛田副会長、中川政務官、大西常務 畜産・酪農経営は高齢化や離農の増加による生産基盤の縮小に歯止めがかからず、子牛価格の高騰による肥育経営の悪化や、国内乳製品需給のひっ迫のため乳製品の追加輸入を余儀なくされるなど過去に例のない危機的な状況になっている。
 JA全中は「まったなしの状況のなか生産者の不安を払しょくするとともに、生産現場の実態をふまえた畜産・酪農対策の十分な予算確保や万全の政策価格の決定を求めた。要請は飛田JA全中酪農委員長のほか、森永利幸・畜産委員長、大西茂志常務が行った。
 重点要請事項は▽万全な畜産物政策価格の決定(再生産可能な所得を確保できる加工原料乳生産者補給金価格や肉用子牛生産者補給金の保証基準価格など)、▽畜産経営の安定を支援の拡充(新マルキン、▽生産基盤拡大対策の予算確保、養豚経営安定対策に生産積立金の無事戻しの仕組みなど)、▽生産基盤拡大対策の十分な予算の確保(畜産収益力強化対策の十分な予算確保、肉用牛繁殖基盤・酪農基盤の早急な回復対策など)。
 要請を受け中川大臣政務官は「農林水産省としても強い農林水産業づくりのためにしっかりがんばっていきたい」などと話した。

(写真)
27年度畜・酪対策を要請した(左から)森永委員長、飛田副会長、中川政務官、大西常務


(関連記事)

配合飼料価格2500円値上げ JA全農(2014.12.22)

牛乳生産費2.1%増加 農水省(2014.12.03)

子牛生産費3.6%増 農水省(2014.12.03)

水田フル活用で所得確保実現 飼料用米でシンポ(2014.11.21)

岡山に「食料コンビナート」 全農子会社(2014.10.06)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る