想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

骨の健康維持に一役 機能性表示食品・三ケ日みかん JAみっかび2015年9月15日

一覧へ

 9月8日、JAみっかびが8月3日に提出した「機能性表示食品」の届け出を、消費者庁が受理したことが分かった。

みかん園 「機能性表示食品」の表示が入った段ボール等でのミカンの出荷は11月1日以降を予定している。
 JAみっかびは、ウンシュウミカンの「早生」「青島」のβ‐クリプトキサンチンの含有量を等級ごとに調査し、糖度と相関性があることを研究論文などと一緒に報告した。β‐クリプトキサンチンは骨代謝のはたらきを助け、骨の健康に役立つことが分かっている。
 同JAは、骨の健康維持に役立つことを「三ケ日みかん」に表示することで、「幅広い年齢層に、手にとってもらうきっかけになってほしい」と話した。またミカンのもつ性質を消費者に知ってもらうことで「全国的なみかんの消費量増加に貢献できるのでは」と可能性に期待し、「その中でも三ケ日みかんを選んでもらえれば」とした。
 機能性表示食品制度は今年4月から始まった制度で、食品の安全性や機能性を、科学的根拠に基づき消費者庁に届けることで、事業者の責任で機能性に関する表示が可能となったもの。届出には安全性の根拠などについて臨床試験結果の提出が必要。
 同制度で受理されたものにはサプリや加工品などの商品が多いが、生鮮としては初めて同日届け日付けで、三ケ日みかんと(株)サラダコスモの大豆もやしが受理された。みかんの収穫
(写真)みかん園、みかんの収穫

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る