JAの活動 ニュース詳細

2015.09.15 
骨の健康維持に一役 機能性表示食品・三ケ日みかん JAみっかび一覧へ

 9月8日、JAみっかびが8月3日に提出した「機能性表示食品」の届け出を、消費者庁が受理したことが分かった。

みかん園 「機能性表示食品」の表示が入った段ボール等でのミカンの出荷は11月1日以降を予定している。
 JAみっかびは、ウンシュウミカンの「早生」「青島」のβ‐クリプトキサンチンの含有量を等級ごとに調査し、糖度と相関性があることを研究論文などと一緒に報告した。β‐クリプトキサンチンは骨代謝のはたらきを助け、骨の健康に役立つことが分かっている。
 同JAは、骨の健康維持に役立つことを「三ケ日みかん」に表示することで、「幅広い年齢層に、手にとってもらうきっかけになってほしい」と話した。またミカンのもつ性質を消費者に知ってもらうことで「全国的なみかんの消費量増加に貢献できるのでは」と可能性に期待し、「その中でも三ケ日みかんを選んでもらえれば」とした。
 機能性表示食品制度は今年4月から始まった制度で、食品の安全性や機能性を、科学的根拠に基づき消費者庁に届けることで、事業者の責任で機能性に関する表示が可能となったもの。届出には安全性の根拠などについて臨床試験結果の提出が必要。
 同制度で受理されたものにはサプリや加工品などの商品が多いが、生鮮としては初めて同日届け日付けで、三ケ日みかんと(株)サラダコスモの大豆もやしが受理された。みかんの収穫
(写真)みかん園、みかんの収穫

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ