Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

11月2日「都市農業の日」制定 授与式は第44回東京都農業祭で2015年10月28日

一覧へ

 日本記念日協会は11月2日を「都市農業の日」と制定した。これにあわせ、「記念日登録証の授与式」が「第44回東京都農業祭」の開会式で行われる。

 「都市農業の日」は4月に都市農業振興基本法が成立したことを受け、都市に農地があるすばらしさや農業と触れ合うことの喜びを分かち合い、都市農業と日本農業を盛り上げるきっかけとするためにJA東京中央会が申請した。
 記念日の日付の由来は、11月が農産物の収穫期であり、各地で農業祭が開催されること、JA東京グループが毎年11月2日に農林水産大臣賞を決める農畜産物品評会を行い、都民理解を図るチャンスになっていることなどから決められた。
 東京都農業祭は高品質な農畜産物を広く都民に知ってもらい、都市農業の重要性や理解を深めてもらうことを目的に毎年開催している。
 当日は出品された農産物の品評会や即売、東京の若手農家(JA東京青壮年組織協議会)による野菜や花のデコレーション軽トラパレードなどが行われる予定。詳細に関してはこちらから。
<第44回東京都農業祭 概要>
◎日時:11月2日10時~16時、3日9時~15時。
 記念日登録証の授与式は11月2日11時ごろから。
◎場所:明治神宮宝物殿広場 (東京都渋谷区)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る